卵殻膜エキスが高濃度配合の新しい美容液、ビューティーオープナー。

赤ちゃん肌に多く含まれるIII型コラーゲンに深く関わる卵殻膜に注目が集まっています。

しかし、そんなビューティーオープナーですが成分は安全なのか?というのはやはり気になりますよね?

ここでは、ビューティーオープナーの安全性や副作用の有無について徹底解説していきます。

ビューティーオープナーの成分は安全なのか

先に結論を言ってしまうと、ビューティーオープナーの成分は非常に安全です。

詳しくみていきましょう。

全成分を確認してみる

ビューティーオープナーの全成分を確認してみます。

水・BG・ペンチレングリコール・加水分解卵殻膜・ヒアルロン酸Na・スクワラン(オリーブ由来)・カンゾウ根エキス・バラエキス・ローズマリー油・レモングラス油・ニオイテンジクアオイ油・デキストリン・オレイン酸ポリグリセリル-10・クエン酸Na・クエン酸

これらが全成分ですが、それぞれ簡単な解説付きで見てみましょう。

 

成分作用
BG保水、保湿
ペンチレングリコール抗菌作用、防腐効果
加水分解卵殻膜主成分。美肌を作る
ヒアルロン酸Naハリを与える
スクワラン(オリーブ由来)保湿成分
カンゾウ根エキス抗炎症、抗菌作用
バラエキス香りを与える
ローズマリー油香りを与える
レモングラス油香りを与える
ニオイテンジクアオイ油香りを与える
デキストリン安定剤
オレイン酸ポリグリセリル-10界面活性剤
クエン酸Naキレート作用
クエン酸キレート作用

 

結論としては安全なものでしか構成されていませんでした。

デキストリン(安定剤)とオレイン酸ポリグリセリル-10(界面活性剤)が気になるかもしれませんが、どちらも食品にすら使用されている成分で、体内に入っても問題ありません。

ビューティーオープナーに副作用はないの?

ビューティーオープナーは薬品ではなく化粧品なので、基本的には副作用という概念はありません。

しかし、成分が合わず、肌に合わずに赤く腫れてしまった、肌荒れが起きてしまったという事例も確率はかなり少ないですがゼロではありません。

これを極力避けるために、全成分を見て、ご自身のアレルゲンにあたる成分がないか一度確認するようにしてください。

ビューティーオープナーは敏感肌でも使えるように成分の安全性には徹底して作られています。

例えば、危険と言われる防腐剤であるパラベンの代わりにペンチレングリコールを使って安全性を高めるなどの工夫もしています。

アレルギー持ちではない人にとっては非常に安心安全に使える美容液です。

 

現在ビューティーオープナーのキャンペーン中です。気になる人は公式サイトで確認してみてください。

>>ビューティーオープナーの公式サイトでキャンペーンを詳しくみる

 

口コミを知りたい人は次の記事をご覧ください。
→ビューティーオープナーの口コミから分かる『ヤバい』デメリット!